FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←My Music 私のお気に入り →脳の不思議
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【My Music 私のお気に入り】へ
  • 【脳の不思議】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「闘病」
カメラ

カメラと登山

 ←My Music 私のお気に入り →脳の不思議
私が、カメラと深く接するようになったのは、社会人になって仕事で使うようになってからです。それまでは、どちらかというとあまり興味がなく、写真を撮ることさえも億劫でした。ところが、仕事でどうしようもなく必要にせまられてカメラすなわち写真撮影なるものを覚えるはめになりましたが、これがまたなかなか奥が深く覚えるのが大変でした。


私の仕事のおもな内容が、印刷用の商用写真撮影だった関係からいい加減な写真は撮れず、最初のうちは使える写真になるまで何度か撮り直したものです。光の加減、被写体の位置、カメラの絞り、シャッタースピード、露出等と嫌になるほどチェック項目があります。私自身は、写真撮影に対してどちらかというと気が回らない自分ので良き撮影者だとは思っていません。写真撮影は、いろんな事によく気が回る人が一番の良き撮影者だと私は思っています。そんな私でも、遊びで気ままに撮る写真は、楽しく特にきれいな景色や子供の写真撮影には自然と力が入ります。若い頃は、登山まがいの事をしていたので、よく写真を撮ることがありましたが、その当時はまだ、カメラには興味がなくいつもバカチョンと呼ばれる使い捨てカメラで、山の景色を撮影していました。山は、場所場所によって、いろんな表情をみせてくれる所です。まだ、寒さがのこる春先の山桜の表情や葉が濃い緑で生い茂った5月頃、岩に水が凍りついた滝の表情等、山が見せてくれる大自然のパノラマ....。登頂を果たした時の何ともいえない達成感、山と自分が初めて一つになったような感覚....。冬空に光り輝く満点の星、汗ばんだ体ををさらりと冷ます心地よい山風....。どれをとっても、山は素晴らしいところです。だから、いつかまたこの好きになったカメラで素敵な景色を撮ってみたいものです。



スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 闘病
総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【My Music 私のお気に入り】へ
  • 【脳の不思議】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【My Music 私のお気に入り】へ
  • 【脳の不思議】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。