スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←自分の居場所-28 →自分の居場所-30
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【自分の居場所-28】へ
  • 【自分の居場所-30】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「闘病」
小説

自分の居場所-29

 ←自分の居場所-28 →自分の居場所-30
真人は、外の喫煙所に入るとそこにあった椅子に腰かけ、ポケットから煙草を取り出し急いで火をつけた。「ふー」と夜空の空間に吐き出された煙草の煙が、まるで生き物のように空に舞い上がっていった。それと同時に今まで落ち着いて当たり前に考えられなかったことが頭の中で明瞭に浮かび上がってきた。「親父が、亡くなったんだ。」真人は、おなかのどかにぽっかりと大きな穴が開いている感じがしてならなかったが、自分をこの世に作り出した人の体が、病気で滅ぶいや無くなるということは、自分の原点を失ったかのようで真人自身が、傷ついたのと同じ事であった。夜空を見上げると、梅雨空にわずかばかりの星が煌めいていた。「明日も、天気が悪いな。」真人は、最後の煙を吐くとゆっくりと立ち上がった。病棟に戻るとそこには既に面会を済ませた義父母が待っていた。「あっ、すみません。」「安らかなお顔をしてたわねえ。最後は、あまり苦しまれなかったはずよ。」と義母が言った。
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 闘病
総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【自分の居場所-28】へ
  • 【自分の居場所-30】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【自分の居場所-28】へ
  • 【自分の居場所-30】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。