FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←自分の居場所-26 →自分の居場所-28
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【自分の居場所-26】へ
  • 【自分の居場所-28】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「闘病」
小説

自分の居場所-27

 ←自分の居場所-26 →自分の居場所-28
良子は泣きくずれた。真人は、良子を大作の元から引き離すようにしたが、頑として良子は大作のそばから離れようとはしなかった。「母さん、父さんは苦しまなかったよ。だって、ほら顔があんなに安らかだろ。それに、母さんは、疲れてたんだから母さん気にすることなんか何もないよ。きっと、父さんだって母さんの寝顔を見て安心 して、眠るように逝ったんだよ。」そう言うと真人は、二人だけにしてあげようと考え静かに部屋を出た。 外には、妻の康代から聞きつけてやって来た義父母が待っていた。「あっ、すみませんわざわざこんな時間においでいただいて。」「いや、それでお母さんは大丈夫かい?」と義父の良信が聞いてきた。「ええ、少し落ちついてきたところです。」「急だったわね!今日病院に行ってたんですって?」と義母の絹江が言った。「はい、今日病院に寄ったんですが、家に帰ってすぐに電話があって......。」「大変だったわねえ。」
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 闘病
総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【自分の居場所-26】へ
  • 【自分の居場所-28】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【自分の居場所-26】へ
  • 【自分の居場所-28】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。