FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←自分の居場所-22 →自分の居場所-24
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【自分の居場所-22】へ
  • 【自分の居場所-24】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「闘病」
小説

自分の居場所-23

 ←自分の居場所-22 →自分の居場所-24
「えっ、ああ風呂にする。」 「今日は、遅かったわね。」 「ああ、帰りに病院に寄ってきた。仕事が、少し早く終わったから。」 「でどうだったのお父さん?」 「う~ん、もうかなり弱ってるなあ!やっと息をしてるような状態だったよ。」真人は、服を脱ぐと急いで風呂に入った。久しぶりに晴れたこの日は、梅雨前の時期で日中でもかなり暑い日が続いていたのでシャワーの冷たい水がすごく心地よかった。その冷たい水を、頭からかぶり少しの間じっと何も考えずに無想してみた。突然、「ドン、ドン、ドン」と扉を叩く音で我に返った。「おとうさん!おとうさん!病院のお義母さんから電話よ、今さっき、お義父さんが亡くなったって。」「えっ!」と驚きつつも真人の頭の片隅にはどこか「やっぱりなあ。」みたいな感じがあった. 真人は、満足に体を拭きもせずにお風呂を跳び出ると急いで電話をとった。電話口の向こうから、「お父さんが今さっき亡くなった」と、さっき会ったばかりの母良子の涙交じりの声が聞こえてきた。
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 闘病
総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【自分の居場所-22】へ
  • 【自分の居場所-24】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【自分の居場所-22】へ
  • 【自分の居場所-24】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。