FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←自分の居場所-15 →自分の居場所-17
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【自分の居場所-15】へ
  • 【自分の居場所-17】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「闘病」
小説

自分の居場所-16

 ←自分の居場所-15 →自分の居場所-17
真人たちは大作の退院を決めた。何故ならこの病院の治療方針が、「治療して治る見込みのある患者の治療と、一般の病院ではできない高度の難しい治療を行う」であったからだ。大作のように、治る見込みのない、そのうえ難しい治療もできない、いや治療してもらえない患者は退院するしか方法がなかったのである。今も変わらないが、その頃のこの病院には「終末期の患者の緩和ケアーなどの世話や簡単な治療は、一般の病院でお願いします。」みたいな風潮があった。だが、真人たちの暮らす田舎町には緩和ケアーを行ってくれそうな病院は殆どなかった。大作は、ひとまず自宅に戻った。大作は、この時点では、まだ強い癌の痛みや、ひどい咳などは出ていなかった。真人たちは、治療ができない大作をどうするか相談し、結局真人の同級性が開院しているちっぽけな病院にお世話になることを決めた。真人の同級生のその医者は、真人の話を聞くと快く往診を了承してくれた。
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 闘病
総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【自分の居場所-15】へ
  • 【自分の居場所-17】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【自分の居場所-15】へ
  • 【自分の居場所-17】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。