スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←自分の居場所-12 →自分の居場所-14
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【自分の居場所-12】へ
  • 【自分の居場所-14】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「闘病」
小説

自分の居場所-13

 ←自分の居場所-12 →自分の居場所-14
そもそも、大作が初めて病院にお世話になったのは、地元の中核病院である県立病院でパーキンソン病の治療を行ったのが最初で、この治療の最中に脳腫瘍が見つかり、しかも肺癌を患っていることが分かったので、パーキンソン病担当の神経内科医は、まず、脳腫瘍から治療することを決めた。脳腫瘍は、別の病院で先進医療のガンマナイフで2泊3日の治療を行ったが、その結果、脳腫瘍は、ほぼ完治に近い状態にまで回復し、リハビリで歩く練習もできるぐらいになり、脳神経内科の方は、退院扱いとなって神経内科から内科の方へベッドを移された。一方、肝心の肺癌の方は、病院に腫瘍内科医がいない為内科医が家族に説明を行ったが、担当医の転勤に伴う交代引き継ぎ等でかなり間が空いた状態となり、説明を行うと連絡のあった日さえも待たされるだけ待たされての家族説明だった。担当医は、患者も病状を知る権利があることや、告知の必要性を盛んに話して、真人や良子に大作を同席させるよう求めた。
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 闘病
総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【自分の居場所-12】へ
  • 【自分の居場所-14】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【自分の居場所-12】へ
  • 【自分の居場所-14】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。