スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←子供のキャンプ →懐かしき青春時代
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【子供のキャンプ】へ
  • 【懐かしき青春時代】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「闘病」
日々の徒然

大学時代

 ←子供のキャンプ →懐かしき青春時代
今、ふと他の人のブログを拝見してて大学時代を思いだした。高校の頃には,経験できなかったいろいろな人生上の大切な教えを教授できた楽しかったあの頃を。私は、進学校に入学できながらあまり勉強もせずに3年間を過ごしてしまい、それこそ誰でも受かるような2~3流校の大学に入学した。その頃の自分は、もはや人生を投げてしまったと思っていたし、その当時の教師連中にも恐らくそう思われていたであろう。ところが、これは私の思い上がりでしかないことがあとあとよくわかった。というのも、その大学に入学して出会った数々の友人知人、この方々に出会ったことが私の人生にどれだけ大きな影響を与えたか、今となっても明らかだ。私の行った大学は、夜学部でいろんな人が集まっていた。勉強をし直すために入学した教員や働きながら学ぶ学生などいろんな人たちとの交流は、自然と社会慣れしてない親のすねかじりの甘えた自分の考えをも変えていった。下宿には、昼間部の学生もいてその人たちの中からも友達ができた。かくして私は、私よりも年上で大学に再入学して、夜学より転部して昼間部に入り卒業して学校の先生になった友人や、昼間部の学生で学生運動に奔走して忙しさのあまり留年した地元の全国的にも有名な進学校出身の友人などいろいろな友人と交流することができ、いろんなことを学ばされた。あの当時、夜遅くまでいろんな話を話し込んだり、雪降る電車道をテクテクと歩きながら行ったラーメン店、友人と二人深夜遅くまでコーヒーを飲みながらカセットデッキで聴いたJAZZ、友人と二人アルバイトで通った夜の青果市場、突然訪ねてきた友人に祝ってもらった誕生祝いビール、友人と二人で行った深夜映画、友人一緒になって弾いたギターなどなど......。大学時代は、私にとって、いろんな思い出が詰まった時代だ。「これこそが、私の礎、私の宝であり、私の人生だ。」といってもいいぐらい貴重な私の青春時代で、今の私を支えているものだ。
スポンサーサイト



総もくじ 3kaku_s_L.png 闘病
総もくじ  3kaku_s_L.png 闘病
  • 【子供のキャンプ】へ
  • 【懐かしき青春時代】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【子供のキャンプ】へ
  • 【懐かしき青春時代】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。